観光情報sightseeing

生誕の地で感じる、草間彌生の原点

日本を代表する前衛芸術家・草間彌生さんは1929年、松本市の旧家に生まれました。
7月22日まで松本市美術館で開催されている「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」。
期間中に街なかで行われる館外特別展示と、普段から出会える作品を合わせてご紹介します。

館外特別展示(開催期間中)

  • JR松本駅

    JR松本駅・お城口にあるバス乗り場とタクシー乗り場のルーフには「水玉」が登場。駅前には「PARCO松本店」の看板や水玉フラッグ、そしてタウンスニーカー「水玉乱舞」号も停まるので、”水玉勢揃い”の瞬間に遭遇できるかもしれません。

  • ホテルブエナビスタ

    洗練されたモダンな雰囲気のホテル1階エントランスからフロントに向かうスペースに展示されている《命》。まばゆい輝きと、今にも動き出しそうな躍動感を感じる作品は、美術館内で見るのとはまた違う味わいです。

  • イオンモール松本

    「イオンモール松本」の「空庭(ソラニワ)」の一角に展示されている《宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ》。シルバー×ブラックの水玉のかぼちゃは、不思議な近未来を感じさせます。モールを訪れた家族連れにも人気のスポットになっています。

  • 松本市美術館

    展示開催期間中、無料で入れる中庭では《大いなる巨大な南瓜》を展示。緑色の芝生の上に置かれた黄色いかぼちゃはどこか愛らしい表情で、興味津々の様子で見つめる小さな子どもたちも多いです。

普段から出会える作品

  • PARCO松本店 駅前看板

    松本駅のお城口を出て、正面にある信号の先のビルの上に掲げられている水玉の看板があります。左へ行くと公園通りから松本PARCOへ。右へ行くと駅前通りから松本市美術館へ。2つの施設を案内する、ちょっと珍しい看板です。

  • タウンスニーカー「水玉乱舞」号

    2010年12月から運行されている、水玉デザインの市内周遊バス「水玉乱舞」号。フロントガラスの下の水玉には、出発式のときに書かれた草間さんの直筆サインも入っています。ナンバープレートにも注目してください。

  • 高速バス「草間号 幻の華」

    新宿-松本を1日1往復している高速バス「草間号 幻の華」。車体には、松本市美術館の玄関横に野外展示されている《幻の華》と、水玉と網目を用いられています。こちらもナンバープレートにも注目してください。

  • 松本市美術館

    松本市美術館には普段から見られる作品がたくさんあります。野外展示《幻の華》、そして水玉でデザインされた自動販売機も必見です。ミュージアムショップの関連グッズは、お土産にもおすすめです。(7月22日までは草間彌生展特設ショップ)

草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

2009年から手掛けている最新シリーズ「わが永遠の魂」や、日本初公開となる「南瓜へのつきることのない愛のすべて」など展示作品は約180点。館内には撮影OKの場所が何カ所か用意されています。

2018年3月3日(土)~7月22日(日) 松本市美術館
「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」公式サイト

観光情報 一覧